--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
12.07

コテージへおでかけしませんか?

Category: 東京本社
こんばんわFranです。


12月に入り、お久しぶりの更新です。


・・・?
いつも更新が遅いからそこまでお久しぶりでもない?

そう感じる方もいらっしゃるかもしれませんが・・・(笑

実はFran、個人的なお話で大変恐縮ですが

先日お休みをいただいてタイプーケットに行って参りました。


なので、日本を離れており

なんだかブログを更新するのがすごい久しぶりのような気がしているのです。


リゾートホテルでのお仕事をしていると、
自分が旅行に行った時には不思議と色々なことに気がつきます。

今回の旅でもいろんなサービスやもの達に出会いました。


プーケットは御存じの通り、常夏のリゾート地です。
日本列島の寒さでは考えられないくらい暑い国でした。


Franが滞在したのは海が見える絶景のリゾートコテージ(ヴィラとも言う)でした。

丘の上にそれぞれのコテージが点在しており、
フロントでチェックインを済ませた後や、用事があって出かけたり、
ホテル内のレストランやスパに向かうときは
電話一本で送迎車が迎えにきてくれます。

なんかこのフレーズどっかで聞いたことあるな~と思っていると・・・

そう・・・まさに!!!

泉郷とそっくりです。
八ヶ岳なんかおんなじです。


・・・ただ違うのは、チップをあげること?
TipJar.jpg

海外では何をお願いするでも、必ずチップを払わなくてはいけませんよね。
タイでも基本はチップ制度なので払いました。


車の送迎も泉郷だったら「お願い~」と電話すれば

笑顔で快くスタッフが迎えに行きますが、


海外では、もちろん気持ちのいいサービスはしてもらえますが、

代償としてチップを払わないとちょっと変な感じになっちゃいます。


これは、ホテルだけでなくレストランやタクシードライバーなど
チップというのはどこでも発生するので本当に気を配るのが大変!
全てインクルードにしてあったらいいのに!と思いました。
(チップをインクルードして清算できるところもあるんですけどね)

後半は、チップに気を使うのに疲れて自分で出来ることは頼まないようになりました(笑


やっぱり日本って素晴らしいな~と思ったFranでした。




さて、

夏のコテージを思う存分満喫して

思ったのは、

冬のコテージの楽しみ方ってなんだろう?
ってことです。
imagesCA1F8DGV.jpg

今のクリスマスの時期になると
現れる雪に覆われた小屋のイラスト・・

これってまさに冬のコテージですよね!!


今にもサンタさんがやってきそうなコテージ。


雪化粧した大自然の中にオレンジ色の灯りのともったコテージ。

こんな情景って日本人の感覚でもすごく一般的なのではないでしょうか?


でも、意外に皆さん冬のコテージにおでかけすることって少ないのでは?




そこで・・・!!



現在、泉郷のHPでは


冬のコテージでの過ごし方を紹介するページが掲載されています。



「冬の泉郷で みんなであったまろう」
というテーマで紹介しています。

bnr_cottageplan.jpg


泉郷のコテージは楽しみがいっぱい!


こたつやストーブ、暖炉

お鍋に温泉にあたたかいサービスまで!



是非、下記URLをチェックしてみてください☆
http://www.izumigo.co.jp/cottage_plan/


この冬の旅行先はコレで決定デス!!



ゆ~きやコンコン♪

あ~られやコンコン♪

ね~こはこ~たつでま~るく~なる~♪♪


※皆さんお気づきでしょうか?

この歌、本来の正しい歌詞は

「雪やこんこ 霰やこんこ」

で、コンコンというオノマトペ(擬音語)ではなく
「来い来い、ここに降れ」という意味で歌われているそうです・・。


普通に「コンコン」と唄っておりましたが、
本社のsamuraiさんに教えてもらいました(笑)















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。