--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
01.16

かまくらカフェにいらっしゃい☆

Category: 八ヶ岳
こんにちわFranです。

今年の冬は日本海側で降雪が非常に多いですね。
東京に住むFranにとっては雪はとてもウキウキするものです。


小さい頃は雪合戦や、雪だるま作り
沢山雪が降った時は“かまくら”を作って遊んだりしました。

kamakuraimages.jpg

大人になってからは“かまくら”を見ていないな~と思っていたのですが・・


実は!!!
昨日(1/15)東京の有楽町駅前にて
秋田県横手市の有名な「かまくら」が期間限定展示されている・・・との情報を入手し、
さっそく遊びに行ってきました!



見てください↓

都心に突如現れた3メートルの白い壁。

franiphone 101




全貌はこちら。


franiphone 108
中で光っているろうそくとお札?のような飾りは「水神様」を祀っているそうです。


私のイメージでは、かまくらの形ってもっとまん丸していると思っていたのですが、
プロの作るかまくらは長細い形なんですね。

入口も人が入れるドアのようですし。


雪のない有楽町の駅前にこんなに大きなかまくらがあるなんて・・

目の前にしてもしばらく違和感は続きました。


有楽町のマルイ前は、
横手のかまくらを一目見ようと訪れているお客さんで
賑わっていました。

franiphone 100


かまくら内で記念写真が撮れる「かまくら体験」には
1時間弱のながーーい列。

Franもどうしても写真が撮りたくて
寒い中外で並んで来ましたよ・・・・(涙)


並んでいる間、特設ステージ上では秋田のいろいろな
催し物を実施していて、

私が並んでいた時は、ちょうど

「なまはげ太鼓」ショーをやっていました。


な・・・なまはげ?!

なまはげって「悪い子はいねがー」って
子供を泣かせにやってくる・・・・・
例の奴(ヤツ)ですか?


なまはげ集団が舞台に現れた途端、

そこら中で、歓声とも言い難い悲鳴のような声が
響き渡っていました。

最初は太鼓を叩いているだけかな?(安心・・・)と思ったら、


なんと、舞台を降りて、かまくら体験に並んでいる私達の元へ
荒々しい声をあげやってきました・・・。

franiphone 094

私の目の前にいる小さい男の子を直撃!!

男の子は泣いてしまいました。


・・・・
でも・・・わかる。



私も怖くて泣きそうでした(笑


だってこんな顔なんだもん。

franiphone 095


でも、とっても楽しい時間でしたよ。

かまくらの中は暖かくて、周りの音が遮断され
なぜかとてもリラックスできました。


かまくらの中にもっといたい!
もっとゆっくりできたらいいな~と思いました。


かまくらの中で暖かい飲物や美味しい食べ物を家族で食べたら
きっと楽しいだろうに♪・・・と。


きっと、有楽町に来ていたお客様はみんなそう思ったと思います。


「そのためには秋田のかまくら祭りに行かなくてはいけないかしら・・・?」

いえいえ、そんなことはないんです!!!!



実はネオオリエンタルリゾート八ヶ岳にて来週から始まる

「八ヶ岳De雪まつり」にて
初めての「かまくらカフェ」をオープンします!!

kamakura cafe yatugatake



八ヶ岳で唯一のかまくらカフェ


かまくらの中では、

おしるこや豚汁、おでんなど

暖かくておいし~いお食事や飲み物を召し上がれます。



八ヶ岳は東京から車を走らせわずか3時間ほど


週末のご旅行やおでかけにぜひお子様やご友人と一緒に
「かまくらカフェ」に遊びにいらっしゃいませんか?


ちなみに、私は絶対に行きたいです!


真白ーい雪とかまくらに包まれて

お食事するなんて、冬の贅沢な遊び方ですよね。


かまくらカフェのプレオープンは
2月1~3日

カフェオープンは
2月4~26日です!!


お得な「八ヶ岳De雪まつりプラン」もご用意しております。

詳しくはHPをご覧ください。
http://yatsugatake.izumigo.co.jp/img/yukimatsuri.pdf


絶対遊びにきてくださ~い☆☆☆


※ちなみに、秋田から運んできた真白な雪は
 都会で3日間排気ガスやビル街の空気に触れ、白というよりは灰色でした(泣
 やはり大自然の中にそびえたつ真白なかまくらにあいたいですね。
 
 その代わり、夜のかまくらはライトアップされていて奇麗でした☆

franiphone 117


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。